政治・経済でみるタイミング〜消費税増税〜

政治・経済でみるタイミング〜消費税増税〜

季節によって売却時期を決めることは、マンション売却においては有効な手段ですが、さらに販売価格を高めたいのであれば「政治・経済」の視点から売却時期を探ってみるのも良い方法です。

 

2014年4月には消費税が5%から8%に増税されます。マンションを始めとして住宅の購入を予定している人にとっては消費税増税前に住宅を購入するか、増税後に購入するかによって購入金額に差が出ます。マンション購入は大きな買い物ですから。

 

そういった買い手側の心理を考えると、売却に適したタイミングがみえてきます。マンションを購入する際、そのマンションが中古マンションの場合はマンション自体に消費税は適用されません。しかし、住宅ローンを組むとなると住宅ローン手数料などに消費税が課税されます。
さらに、新居に引っ越す人たちの心理として、新しいマンションには新しい家具を置きたいものです。家具や電化製品には消費税が課税されます。マンション自体には消費税の影響はないとしても、いろいろなことを考えると、消費税増税前に購入したほうがお得ということになります。

 

やはり消費税増税前のマンション購入希望者が増える時期が良いタイミングだと言えましょう。