政治・経済でみるタイミング〜アベノミクスとオリンピック

政治・経済でみるタイミング〜アベノミクスとオリンピック

消費税増税までにマンションの売却準備が整わないからといって焦らなくてもまだ大丈夫です。もう一つのマンション売却のタイミングの鍵となるのが「アベノミクス効果」です。

 

アベノミクス・・・日本人なら誰でも知っている単語となりましたよね。アベノミクス政策として国が取り組んでいる政策はいくつかありますが、その中に「2%のインフレ目標」があります。インフレとは簡単に言うと、物の価値が上がり、反対に紙幣価値が下がるということです。
紙幣を持っていても価値がないのであれば、人は価値を見いだせる物を手に入れたいという傾向になることでしょう。そうなるとマンションの価値も必然とアップします。マンションを求める人が増えるということは、マンションの売却価格も上がります。アベノミクス効果によるインフレへの移行を実感できる時期まで待つのも一つの策かもしれません。

 

もうひとつ、「オリンピック効果」も経済でみるタイミングに当てはまります。2020年の東京オリンピックに向けて東京周辺の不動産の価値は上がってきています。マンションの価値ももちろん上昇傾向にあるので、オリンピックのタイミングを上手く使うのも良いかもしれませんね。
ただし、オリンピック効果でマンション価値が上がるのは関東周辺です。関東から離れた地域にマンションを所有している場合にはこのタイミングは使えないのでご注意を。